1. ホーム
  2. ごあいさつ

ごあいさつ

大学病院でつちかった技術を、地域医療へ

院長十川 健司
日本眼科学会専門医・網膜硝子体学会専門医
医学博士・眼科手術学会所属
視覚障害書用補装具適合判定医
ボトックス施注資格認定医

見える よろこび

旭川医大病院では、外来で網膜疾患を中心に、白内障・緑内障など幅広い分野で診察を行ってきました。当医院でもこれまでの経験を生かし、網膜硝子体手術はもちろん、難症例の白内障や、なるべく早期の治療を要する網膜剥離などの臨時手術にも対応したいと考えています。大学病院とほぼ同じ設備を導入し、治療や手術を行っていきます。旭川医大病院とも親密に連携し、患者様が行き来できる医院を目指していきます。

また、手術に対する痛みや不安を少しでも和らげるよう、低濃度笑気麻酔も導入しています。診察時、自分の順番が来るまでの時間を表示するシステムや、電話での音声案内による診察予約なども取り入れています。

大学水準の医療を地域の皆様にご提供できるよう努めて参ります。些細なことも、納得がいくまでお気軽にご相談ください。

院長略歴

2003
国立旭川医科大学 医学部 医学科 卒業
2009
旭川医科大学 医学研究科 博士課程 修了
医学博士取得
2011
旭川医科大学 眼科診療 助教
2016
旭川医科大学 眼科学講座 医局長
2017
旭川医科大学 眼学講座 講師 眼科副科長
2019
十川眼科 開院

十川眼科の特徴

  1. 大学病院水準の医療機器を使用
  2. 旭川医大病院と親密に連携
  3. 手術の不安を和らげる空間づくり
  4. スムーズな診察のための工夫
専門疾患
網膜疾患 / 白内障 / 網膜剥離 / 黄斑円孔 / 網膜前膜 / 網膜静脈閉塞症
緑内障 / 流涙症(なみだ目) / 結膜炎 / ものもらい・近視
手術療法
(日帰り)
院長が大学で行っていた手術全てに対応
硝子体・白内障手術(小切開(難症例に対応))
専門検査
院長が大学で行っていた手術全てに対応
黄斑疾患の精密検査 / 光干渉断層計(OCT)(OCTangiography含む) 
専門治療
院長が大学で行っていた手術全てに対応
硝子体注射:抗VEGF製剤(ルセンティス®、アイリーア®)/ ステロイド製剤(マキュエイド®)
パターンスキャンレーザー(網膜疾患に対する痛みの少ないレーザー)